0円和解

引き直し計算するために取引当初からの取引履歴を請求する際、中には貸金業者が0円和解を提案してくることがあります。
0円和解とは、お互いに債権・債務を帳消しにすることで和解するというもので、安易に受け入れてしまう債務者は少なくありません。

貸金業者がこのような提案をしてくるということは、少なからず過払いが発生しているということになります。
貸金業者は、残りの債務より過払いによる返還額の方が多いとなると、0円和解して過払い金を返還せずに済むようにしたいのです。
また、取引履歴を開示することで過払いが発覚するのを恐れ、開示請求に応じずにいたために行政指導の対象となるのを避けるためにも、このような提案をしてきます。

0円和解をすることで早期解決が見込めますが、過払いが発生していることが明らかなときは安易に受け入れるべきではありません。
一度でも和解してしまうと、覆すことは難しく、仮に過払い金を取り戻せたとしても大幅に減額されてしまいますので注意が必要です。

岡田法律事務所 無料相談はコチラ

0円和解のトップへ