過払いをとりもどそう

過払いしたお金の返還請求を債務者自身で行うことは可能です。

取引履歴の開示は本人が請求できますし(個人情報保護法・貸金業規制法)、和解交渉や訴訟提起も行うことが可能です。

しかし、現実的には弁護士・司法書士に依頼しないで自分で過払いしたお金を回収しようと思っても、貸金業者によっては取引履歴の開示をしてくれなかったり、「弁護士が介入しなければ返還はできない」などと理由をつけて、過払いしたお金の返還を拒否することがあるようです。

そうなりますと債務者は民事訴訟を提起する以外なくなってしまいますが、訴訟になってしまった場合には、貸金業者に取引履歴の開示を請求してから過払い金が実際に返還されるまでに半年〜1年間くらい時間がかかってしまうことになります。

また、訴訟を遂行するには専門的な知識が必要となりますし、その間に和解交渉を行ったり、裁判所に何度も出廷する必要がありますので、全てを自分で行うには、大変な労力が必要となります。

しかも、必ずしも債務者有利な交渉ができるとは限りません。

債権者側も専門家が相手となりますので、債権者有利な和解案で締結してしまうこともあります。

そういった事情を考慮しますとやはり弁護士・司法書士に依頼をするのが無難といえるでしょう。

過払いしたお金の返還交渉や訴訟手続を数多く手がけている弁護士や司法書士は、毎月何百件もの貸金業者との返還交渉や訴訟手続を行っているため、貸金業者とのやりとりがスムーズであり、債務者本人が返還交渉を行うよりも金額や返還までの期間の点で有利になることが通常です。

また、弁護士や法務大臣から代理権を付与された司法書士(認定司法書士)に依頼した場合は、直ちに借金の返済がストップし、各債権者からの請求が止まります。
債権者は債務者と直接交渉することが一切できなくなります。

弁護士・司法書士に依頼する場合には費用もかかりますが、仕事等の都合で時間を割けない場合や過払いしたお金の金額が大きい場合には,専門家に依頼した方がよいかもしれません。

岡田法律事務所 無料相談はコチラ

過払いをとりもどそうのトップへ