業者の経営悪化

2010年6月に改正貸金業法が施行されたことにより、以前まで生じていたグレーゾーン金利が事実上なくなったといえます。
そのため、改正前の利息制限法を越える金利での返済を行っていた利用者が過払い金返還請求を行うケースが増えました。
これにより、経営が悪化したり、倒産してしまう貸金業者が続出しました。

過払い金返還請求は法的に認められている権利ですので、過払い金を全額返還してもらうことができます。
ですが、経営悪化を理由に本来の過払い金の何割かしか回収できなかったり、回収までに長期間を要することがあります。
また、最悪の場合、対象の貸金業者がすでに倒産していて、過払い金返還請求を行えないということも考えられます。

このような過払い金返還請求の問題は、日々悪化する一方となっています。
時間が経つにつれて、今以上に返還請求を行うのは困難になりますので、過去の取引で思い当たる節がある方はお早めに弁護士に相談することをおすすめします。

岡田法律事務所 無料相談はコチラ

業者の経営悪化のトップへ