メリット・デメリット

債権者との認識の違い

過払い請求のメリットとしては、言うまでもなく法的に本来支払わなくても良かったはずの金利分を取り戻すことができるということです。
その他、返済中でも、利息制限法の上限利率による引き直し計算で元金をすでに払い終えている場合などは、借金の返済、債権者からの請求や督促がストップします。

デメリットとしては、信用情報機関に事故情報として記録されてしまうことです(ブラックリスト)。
債務者からすれば、払い過ぎた分を返してもらうだけのことなのですが、行われることは実質的に債務整理と同じことになるので、現時点で返済中の方の場合は特に債権者が事故という認識をして登録されてしまいます。
この点について、返還金額が多額にのぼる見込みのある方はあまりためらうことはないと思われますが、金額が少ない方は過払い請求に躊躇してしまう傾向もあるようです。
この場合、事故情報を提出した金融機関に「事故情報取り消し申立書」を提出するという手段もあります。

もう一つのデメリットとしては、個人で請求をする場合に、大変な労力と時間が必要になるということです。
過払い請求をお考えの方は、専門家への依頼をお勧めします。

岡田法律事務所 無料相談はコチラ

メリット・デメリットのトップへ